豊中市曽根西町1-10-7 ベルファスト・ソネ1F
06-6845-8733
サイトマップリンク集

豊中市の耳鼻科・耳鼻咽喉科|睡眠呼吸障害・睡眠時無呼吸症候群

ホームお知らせ医師のご紹介ご案内交通案内診察案内

睡眠時無呼吸症候群

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、病名の通り”睡眠時”に”無呼吸”の状態になることをいいます。
実際には、睡眠時に10秒以上の呼吸停止が1時間に5回以上または7時間に30回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

この症状の怖い所は、無呼吸が続くことによる体への負担がかかり高血圧や心疾患になってしまったり、眠気がいつも続き他人を巻き込む事故にも繋がりかねない部分にあります。

当院では、症状の度合いにより以下に紹介する2つの治療方法を選択し行っています。

プロテーゼ

プロテーゼ

軽~中等度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群に有効といわれています。
これは就寝時に口腔内に装着することで下顎を前方へ移動させ固定することで舌根部の気道狭窄を軽減し、開口を制限することで睡眠時に鼻呼吸を優位にし、上気道の開存性を維持させる効果があります。

右の写真のようにプロテーゼを装着すると下顎が前方へ移動し固定されます。上歯と下歯の間には隙間が開いていますので少しは口で呼吸できるようになっています。

ほとんどの人は装用して約1ヶ月ぐらいでなれています。合併症としては顎関節痛があり常時痛みが続くようになるとプロテーゼの使用は中止することになります。
また、いびきもかなり軽減しますので、いびきでお悩みの方は一度当院にてご相談下さい。

経鼻的持続陽圧呼吸療法

経鼻的持続陽圧呼吸器

この治療法は鼻腔より空気を流し持続的に鼻からのどに圧をかけて気道が閉塞しないようにして無呼吸をおこさないようにする方法です。中等~重症の閉塞性睡眠時無呼吸症候群に適応があります。

現在は保険適応になっていますが、そのためには睡眠時無呼吸症候群がどれくらい重症か検査をする必要があります。(終夜睡眠ポリグラフ検査という睡眠中の呼吸状況を調べる検査です。)
当院では終夜睡眠ポリグラフ検査を行い、重症睡眠時無呼吸症候群であった場合に当院にて圧設定を行い、持続陽圧呼吸器を処方しています。

診断から治療まで

1.自覚症状・問診
以下のような症状に悩まれていませんか?
  • 肥満の人
  • 昼間居眠りをする人
  • 疲れやすい人
  • いびきをかく人
  • 集中力、記憶力の低下
2.検査
まず携帯型終夜睡眠呼吸モニターを当院で貸し出しますので、ご自宅にて測定して下さい。
3.診断
検査の結果、10秒以上の無呼吸・低換気回数の1時間あたりの回数により以下の流れが少し変わります。
40回以内であれば・・・4へ
40回以上であれば・・・5へ
4.PSG
当院睡眠検査室にて1泊入院して頂きPSG(終夜睡眠ポリソムノグラフィー)を使用し、睡眠構築など詳しい検査を受けて頂きます。
5.治療
当院にてNCPAPやプロテーゼなどの治療をご相談しながら行っていきます。
Page Top